1. TOP
  2. 就活・転職活動
  3. 転職活動の面接で退職理由を伝える時に、注意すること

転職活動の面接で退職理由を伝える時に、注意すること

就活・転職活動
この記事は約 2 分で読めます。 650 Views

● 転職活動の面接で退職理由を伝える時に、注意すること

こんにちは。山本しのぶです。

転職活動で面接に進んだ時に、よくある質問で悩むのが、退職理由ですね。

DSC01983◎

今日は、転職活動の面接で退職理由を伝える時に、注意する点をお伝えします。

今回の退職理由のポイントは、

あなたが、今の仕事と違う仕事に転職を希望されていて、前の会社にもある職種につきたい場合です。

例えば、事務職などですね。

今と違う仕事につきたい場合は、なぜその仕事がしたいかを、退職理由や志望動機で伝える必要があります。

ただし、事務職のように、どの会社にもある仕事を希望する場合は、なぜ、今の会社の事務ではなく、転職して、新しい会社の事務職につきたいかを、面接で伝える必要がありますよ。

転職活動の面接で、面接官が納得する退職理由を答えられれば、面接の合格率も上がります。

あなたの場合の退職理由の伝え方は、こちらでアドバイスしますね

関連記事

  • 目黒にある目黒雅叙園で、パンケーキを食べました。

  • 就活の面接で、「自分を一言で表すと?」と質問された時の答え方

  • お茶会やランチ会など、オフ会にご興味ありますか?

  • 経理・財務の転職で、一次面接に、合格されました!

  • 専門学校の教員の転職活動の、面接対策にお越し頂きました。

  • 転職の一次面接対策で、「まさに、山本さんにアドバイスして頂いた点をきかれました。」