1. TOP
  2. 就活・転職活動
  3. 事務職の職務経歴書は、電話応対を職務内容に書かない方が、良いのですか?

事務職の職務経歴書は、電話応対を職務内容に書かない方が、良いのですか?

就活・転職活動
この記事は約 2 分で読めます。 1,154 Views

● 事務職の職務経歴書は、電話応対を職務内容に書かない方が、良いのですか?

こんにちは。 山本しのぶです。

事務職で転職活動をされているお客様から、職務経歴書に書く、職務内容について、ご質問を頂きました。

事務職の場合は、細かい仕事を含めて、いろいろな仕事をされている事も、多いですね。

これまでの経験で、応募する企業の事務に合う経験を、職務経歴書でアピールすれば、書類選考に受かりやすくなりますよ。

DSC02101

今回、事務職の職務経歴書に書く内容をご質問頂いたお客様は、

「転職サイトで、職務経歴書の業務内容は、電話応対、来客対応、伝票整理は書かなくていい、とありました。書かなくても良いのでしょうか?」

と、ご質問を頂きました。

同じように、事務職の職務経歴書に書く、業務内容に悩んでいる場合もあると思うので、こちらでも、お伝えします。

結論は、

「応募する事務の仕事や経験で求められていて、あなたに経験がある場合は、書くと良いですね。」

というのが、私の考えです。

職務経歴書の書き方は、いつでも、必ずこの書き方をすれば良い、という、正解があるわけでは、ありません。

事務職は、仕事内容や求められる経験は、企業によって、さまざまです。

例えば、事務の中でも、電話応対の割合が多い、事務職もあります。

その場合は、求人の応募要件にも、「電話応対の経験がある方」などの記載がある場合が、多いです。

電話応対が多い事務職に応募する場合は、あなたが、これまでの事務で、電話応対を行っている場合は、職務経歴書でアピールした方が、書類選考に通りやすいです。

職務経歴書は、あなたが応募する事務職で求められる経験を意識して、これまでの経験で合うものをアピールすれば、書類選考の合格率が、上がります。

あなたの事務の経験が評価されれば、面接に呼ばれますよ。

あなたの場合の、受かる職務経歴書の書き方は、こちら。

ライター紹介 ライター一覧

山本しのぶ

山本しのぶ

大学生、大学院生の就活サポート(履歴書・エントリーシート添削、面接対策など)と、社会人の転職活動サポート(履歴書・職務経歴書・エントリーシート添削、面接対策など)、キャリア相談(キャリアコンサルティング)、社内公募や社員登用などの社内選考のアドバイスなどを行っています。

書類選考や面接通過、内定などを目指し、合格率をアップさせる書類の書き方や面接の答え方を、アドバイスしています。

今まで、延べ1500名以上の就活・転職活動、キャリアコンサルティングの相談実績があります。

就職活動・転職活動を成功させる方法は、メールセミナーでもお伝えしています。

無料メールセミナーへのご登録は、以下からお願いいたします。

・社会人向け 採用される!つきたい仕事につく!転職活動の方法 10日間メールセミナー

・学生向け 内定がとれる!自分に自信がつく!就職活動の方法 10日間メールセミナー

この人が書いた記事  記事一覧

  • プライバシーポリシー

  • 社内公募に受かる人の特徴は?

  • 【動画教材】希望の仕事への異動を叶える!社内公募 合格への道

  • 転職エージェントで職務経歴書の添削をあまりしてもらえないのは、ある意味仕方ないのです…。

関連記事

  • 今日も、転職活動の面接対策を、対面で行います。

  • 公務員試験の中途採用の面接対策を、対面で行います。

  • 年内の履歴書職務経歴書添削、面接対策は、12月28日までです。

  • 転職活動で、面接官の反応が変わる、質問の答え方

  • 東京の対面の転職相談の場所を、汐留・新橋が最寄り駅のホテルに変更させて頂きます。

  • 転職活動のオフ会は、「業種の違う方々や、同じような経験をされた方々と情報が共有できて良かったと思います。」