1. TOP
  2. 就活・転職活動
  3. 転職活動の面接で、確実に、合格率を上げる方法

転職活動の面接で、確実に、合格率を上げる方法

 2016/11/29 就活・転職活動
この記事は約 3 分で読めます。 94 Views

● 転職活動の面接で、確実に、合格率を上げる方法

こんにちは。山本しのぶです。

あなたも、転職活動の面接の合格率が、上がります。

転職活動の面接は、ある程度、質問を予測できます。

聞かれそうな質問に、効果的に回答すれば、合格に繋がります。

転職活動の面接が初めてでも、正しく対策すれば、内定が出ます。

あなたも、面接の合格率が上がり、内定がもらえますよ。

DSC02362◎

転職活動は、初めての面接が、第1志望の会社の場合もあります。

面接に慣れていなくて、面接で不合格…という結果になると、せっかくのチャンスが、もったいないですね。>_<

初めての面接も、しっかり対策すれば、合格しますよ。

本日昼前にエージェントから連絡があり、○○(企業名)の二次面接を通過したとのことでした。

山本様に一次、二次と面接対策をしていただいたおかげです。

本当にありがとうございます。

いろんな人が言うとおり、面接は慣れもあると思います。

でもその慣れのために、希望する企業からの内定を逃してしまうのが本当に惜しいです。

なので山本様の面接対策というのは、本当に価値があると思っていますし、実際に結果に繋がっています。

ありがとうございました。

最終面接(英語)は来週に予定されています。

とても楽しみです。。

最後まで準備をして、ここまで来たらあとはどーんと行くつもりでいます。

また他にもいくつか企業に応募していますので、転職活動は継続していきます。

最終的に決まりましたら、ご報告させてください。

引き続きよろしくお願いいたします。

 

初めての転職活動で、志望度の高い企業が、面接に進んだ、お客様。

面接対策でお話した時は、職歴の説明や、志望動機の答え方など、質問の回答に、悩まれていました。

面接対策で、質問の答え方のポイントが分かり、志望動機など、弱い部分をブラッシュアップして、面接を受けられました。

1次面接、2次面接と、続けて、面接に通過されました!

面接に慣れていなくても、しっかり対策すれば、合格しますね。

転職活動の面接通過率を確実に上げるには、定番の質問に、しっかり答えられるようにすることが、大切です。

自己紹介の職歴の説明や、志望動機、退職理由などですね。

「採用される!転職活動 面接対策のポイント」のDVDでは、自己紹介や志望動機など、質問の答え方を、1つずつ説明しています。

mensetsu

それぞれの質問で見られるポイントや、効果的な答え方を押さえて、回答を準備すれば、面接の合格率は、確実に上がります。

面接に慣れていなくても、正しく対策すれば、面接に合格します。

あなたも、面接通過率が上がり、確実に、内定に近づきますよ。

ライター紹介 ライター一覧

山本しのぶ

山本しのぶ

大学生、大学院生の就活サポート(履歴書・エントリーシート添削、面接対策など)と、社会人の転職活動サポート(履歴書・職務経歴書・エントリーシート添削、面接対策など)、キャリア相談(キャリアコンサルティング)、社内公募や社員登用などの社内選考のアドバイスなどを行っています。

書類選考や面接通過、内定などを目指し、合格率をアップさせる書類の書き方や面接の答え方を、アドバイスしています。

今まで、延べ1500名以上の就活・転職活動、キャリアコンサルティングの相談実績があります。

就職活動・転職活動を成功させる方法は、メールセミナーでもお伝えしています。

無料メールセミナーへのご登録は、以下からお願いいたします。

・社会人向け 採用される!つきたい仕事につく!転職活動の方法 10日間メールセミナー

・学生向け 内定がとれる!自分に自信がつく!就職活動の方法 10日間メールセミナー

この人が書いた記事  記事一覧

  • 社員登用試験(正社員登用、契約社員登用)の合格につながる、メールサポートサービス

  • 転職エージェントを集めてみました。(転職活動をはじめる時など、参考にしてくださいね。)

  • 求人サイト(転職サイト)を、集めてみました。

  • キャリア相談で、日頃、言葉にできない悩みも、解決の道しるべがだんだんと見えてきました。(30代女性のお客さま)

関連記事

  • 社内公募の面接対策を、対面で行います。

  • 事務職の転職に、内定する方法

  • 2017年も、よろしくお願い致します!

  • 法政大学が、大学専任職員(総合職)を、中途採用で募集中です!

  • 正社員を希望して、転職活動を始めましたが、派遣社員で仕事を始めた方がいいか、考えています。

  • 冬のボーナス(賞与)をもらった後に、転職したい、あなたへ。