1. TOP
  2. 就活・転職活動
  3. 就活の履歴書で、合否に意外と影響するポイントは?

就活の履歴書で、合否に意外と影響するポイントは?

就活・転職活動
この記事は約 2 分で読めます。 761 Views

● 就活の履歴書で、合否に意外と影響するポイントは?

こんにちは。山本しのぶです。

就職活動では、まずは履歴書やエントリーシート(ES)で書類選考がある企業も多いですね。

企業によっては、OpenESを使ったり、web上で選考がある場合もあるでしょう。

DSC01983◎

今日は、履歴書などで書類選考がある場合に、面接官が意外と見ているポイントをお伝えします。

履歴書で意外と見られるポイントは、「正確性」です。

私も、多くの学生さんや社会人の履歴書を見ますが、決められた項目をしっかり書けている場合と、ミスがある場合は、履歴書の印象が違います。

履歴書が正確に、ミスなく書けている場合は、お会いして話しても、人物的にしっかりされている場合が多いです。

例えば、「学歴」「職歴」の言葉をきちんと書いている、最後の「以上」が漏れなく書けている、などですね。

その他、学歴の入学・卒業年月に間違いがあったり、資格の名称が正式名称で書かれていないなど、履歴書を拝見すると、意外と正確に書けていない場合が多いです。

履歴書の内容に何かしらミスがある場合は、丁寧な仕事ができない、正確性に懸念がある、と思われる可能性があります。

履歴書やエントリーシートは、自己PRや志望動機などの内容も、もちろん大切です。

でも、履歴書の内容以前の部分で、あなたの印象がマイナスになると、いくら頑張って自己PRなどをしても、効果は半減します。

履歴書は、書類選考だけではなく、面接でも、入社が決まった後も企業で保管される、大切な書類です。

あなたの良い部分をしっかりアピールするためにも、履歴書の項目は、丁寧に、ミスなく書くようにして下さいね。

履歴書でのあなたの印象がアップすると、書類選考に合格する確率も高くなり、面接であなたに会う前の印象も、良くなりますよ。

履歴書やエントリーシート(ES)であなたの印象をアップして書類選考に合格したい場合は、こちら。

関連記事

  • 今年の目標が転職の場合は、急げば、年内の内定に間に合います!

  • 国際協力キャリアフェア2018で、キャリア相談を行います。

  • 職務経歴書の色を、カラーで色つきにしても良いですか?

  • 転職活動の志望動機添削と、退職理由のアドバイスを行います。

  • 音楽制作業界から、違う業界への転職を希望して、転職相談にお越し頂きました。

  • 転職活動の面接対策の準備を、行っています。