1. TOP
  2. 就活・転職活動
  3. 中途採用の面接の最後の質問は、何を聞けばいいですか?

中途採用の面接の最後の質問は、何を聞けばいいですか?

就活・転職活動
この記事は約 3 分で読めます。 367 Views

● 中途採用の面接の最後の質問は、何を聞けばいいですか?

こんにちは。山本しのぶです。

中途採用で面接に進んだ時、答え方に悩む質問の1つに、最後の質問があります。

就活などで、「逆質問」と言われる質問ですね。

面接官から「何か、質問はありますか?」と聞かれ、あなたから、面接官に質問する内容です。

転職活動の面接対策で、この最後の質問で「何を聞けばよいでしょう?」と、相談されるケースは多いです。最後の質問も、面接の合否に関係します。

面接対策で、最後の質問の内容まで、しっかり準備しておくと、面接の評価を上げられますよ。

中途採用の面接で行う、最後の質問。

面接対策で話を伺うと、「どの企業でも、同じ質問をしています。」と、おっしゃるお客様が、いらっしゃいます。

コレは、私は、あまりオススメしません。>_<

理由は、いくつかありますが、1つは、特に、その企業向けに面接対策しなくても、聞ける質問だからです。

転職活動の面接でイメージしにくい場合は、ご自分に当てはめて、考えてみてくださいね。

例えば、婚活のパーティーに行ったとして。出会った異性の方から、「趣味は、何ですか?」と聞かれたら、どうでしょう?

悪い質問ではないのですが、「あぁ、ありがちな質問だな。」で、終わりませんか?^^

他の人にも、きっと同じ質問をしているのだろうな、と思うかもしれません。

少なくとも、その質問を聞いて、

「この人は、私に、すごく興味を持ってくれているんだ!」

とは、思わないですよね。

でも、例えば、趣味がスイーツを食べること(これは、私のことですね。^^)、というのを知って、

「スイーツが、お好きなのですね。実は、私も、スイーツが好きで。特に、チョコレート系のスイーツが好きなのですが、山本さんは、どんなスイーツが好きですか?」

と、聞かれれば、相手に少し興味を持ったり、スイーツの話で、盛り上がるかもしれません。

何となく、イメージできるでしょうか?

同じ質問を他の人にしようと思っても、趣味が違えば、また違う質問になりますね。

中途採用の面接の逆質問も、同じです。

中途採用で受ける企業は、1社ずつ、違います。企業のカラーや特徴は、変わります。

応募者側のあなたも、同じです。

同じ企業でも、受ける人が違えば、興味をもつ点や、聞きたいことは、変わります。

他の人は、何を質問しているのだろう?どんな逆質問をすれば、面接に受かるだろう?と、考えるよりも、

自分が興味のあることは、何だろう?その企業に、聞きたいことは何だろう?という視点で、最後の質問を考えてみてくださいね。

その方が、あなたらしい、グッと踏み込んだ質問ができます。

転職活動の面接の逆質問で、面接官に「オッ!?」と思ってもらえれば、面接合格に、つながりやすいですよ。

中途採用に内定するヒントは、こちらでたくさんお伝えしています。

ライター紹介 ライター一覧

山本しのぶ

山本しのぶ

大学生、大学院生の就活サポート(履歴書・エントリーシート添削、面接対策など)と、社会人の転職活動サポート(履歴書・職務経歴書・エントリーシート添削、面接対策など)、キャリア相談(キャリアコンサルティング)、社内公募や社員登用などの社内選考のアドバイスなどを行っています。

書類選考や面接通過、内定などを目指し、合格率をアップさせる書類の書き方や面接の答え方を、アドバイスしています。

今まで、延べ1500名以上の就活・転職活動、キャリアコンサルティングの相談実績があります。

就職活動・転職活動を成功させる方法は、メールセミナーでもお伝えしています。

無料メールセミナーへのご登録は、以下からお願いいたします。

・社会人向け 採用される!つきたい仕事につく!転職活動の方法 10日間メールセミナー

・学生向け 内定がとれる!自分に自信がつく!就職活動の方法 10日間メールセミナー

この人が書いた記事  記事一覧

  • プライバシーポリシー

  • 社内公募に受かる人の特徴は?

  • 【動画教材】希望の仕事への異動を叶える!社内公募 合格への道

  • 転職エージェントで職務経歴書の添削をあまりしてもらえないのは、ある意味仕方ないのです…。

関連記事

  • 転職活動の面接対策の企業研究で、「初めてこんなに企業に関して調べている気がします。」

  • 職務経歴書に一貫性があると、書類選考の通過率は上がります。

  • 日比谷の帝国ホテル東京のインペリアルラウンジアクアで、アフタヌーンティーを頂きました。

  • 就活のグループディスカッション対策と面接対策を、行いました。

  • 転職活動の書類選考で不合格が続いていても、通過率は上げられます。

  • 事務職の正社員への転職で、内定をもらわれました!