1. TOP
  2. 就活・転職活動
  3. 面接でお茶を出されて、飲まないのは良くないでしょうか?

面接でお茶を出されて、飲まないのは良くないでしょうか?

就活・転職活動
この記事は約 2 分で読めます。 595 Views

● 面接でお茶を出されて、飲まないのは良くないでしょうか?

こんにちは。山本しのぶです。

あなたも、就活や転職活動の面接のマナーで、気になることが、解消できます。

面接は、普段とは、違う場です。名刺を出された時や、ノートを出すタイミング、お茶を飲んでも良いのか?など、いろいろなことが、気になりますね。

面接の小さな疑問が、すぐ解消できれば、不安が減ります。

あなたも、面接に集中して、志望動機や自己PRで、しっかりアピールできますよ。

対面やメールサポートで、面接対策を行ったお客様から、面接が終わった後、

「面接で出されたお茶を、飲まなかったのですが、良くなかったですか?」

と、ご質問を、いただきました。

就活や転職活動では、面接で、お茶を出されることがあります。

緊張しているし、面接で話すと、ノドも乾くから、本当は、お茶を飲みたい。

でも、飲むタイミングが分からなかったり、飲んでも良いのか、気になって、結局、出してもらったお茶を飲めなかった。

そんな場合も、あると思います。

面接で出されたお茶は、必ず飲まないといけないわけでは、ありません。

全部飲むのは、難しいと思いますし、残しても、大丈夫ですよ。^^

飲むタイミングが分からない場合は、面接官に「どうぞ」と勧められた時に、「ありがとうございます。」や、「いただきます。」と伝えて、一口飲む。

面接官が、お茶に口をつけたタイミングで、一緒に飲む、などすると、飲みやすいかなと思います。

就活や転職活動で気になることは、こちらで、すぐに解消できます。

関連記事

  • 今日は、女性のお客様2名様と、転職相談と履歴書・職務経歴書の添削です。

  • 中途採用の大学職員のエントリーシート添削で、自己PRや志望動機のアドバイスを行いました。

  • 転職の書類添削で、自己PRや志望動機、アピールポイントのアドバイスを行います。

  • 内定が出たお客様と、東京駅で最後の転職相談です。

  • 転職相談のお客様の、内定報告が、続いています!

  • 中途採用の面接対策を、行います。