1. TOP
  2. 就活・転職活動
  3. 転職活動で、これまでの仕事の棚卸しは、どうやって行えば良いですか?

転職活動で、これまでの仕事の棚卸しは、どうやって行えば良いですか?

就活・転職活動
この記事は約 2 分で読めます。 205 Views

● 転職活動で、これまでの仕事の棚卸しは、どうやって行えば良いですか?

こんにちは。山本しのぶです。

転職活動全般のご相談や、履歴書・職務経歴書の添削にお越し頂いたお客様にご質問頂くのが、これまでの仕事の棚卸しの方法です。

DSC02362◎

同じ会社で10年くらい勤めて、転職活動が初めての場合や、久しぶりに転職活動を行う場合など、昔の仕事内容がなかなか思い出せない…と悩まれることが多いですね。

転職活動を行う時は、早いタイミングで、これまでの仕事内容の棚卸しを行っておくと、書類や面接でしっかりアピールでき、内定に繋がります。

今回は、これまでの仕事内容の棚卸しを行う方法を、1つお伝えします。

仕事内容の棚卸しを行う場合は、まずはザックリ仕事内容を振り返り、その後に、それぞれの詳細を棚卸しすると良いですよ。

ザックリ仕事内容を振り返る場合は、転職経験がある場合は会社ごと、社内で異動した場合は部署ごとなどの単位で、行った仕事内容を書き出してみると良いですね。

その後に、それぞれの仕事について、詳細を棚卸しします。

仕事内容を振り返る時は、特に、大変だった事や頑張った事、工夫した事、成果・実績などに着目して、棚卸しを行って下さい。

転職活動の職務経歴書を作成する時は、仕事の棚卸しが出来ていると、職務内容や実績でアピールする良い内容が、比較的早く見つかります。

これまでの職歴でアピールするポイントが整理できていれば、書類選考や面接に合格する確率も、高くなりますよ。

棚卸した職歴を効果的にアピールする方法は、こちらでお伝えしています。

ライター紹介 ライター一覧

山本しのぶ

山本しのぶ

大学生、大学院生の就活サポート(履歴書・エントリーシート添削、面接対策など)と、社会人の転職活動サポート(履歴書・職務経歴書・エントリーシート添削、面接対策など)、キャリア相談(キャリアコンサルティング)、社内公募や社員登用などの社内選考のアドバイスなどを行っています。

書類選考や面接通過、内定などを目指し、合格率をアップさせる書類の書き方や面接の答え方を、アドバイスしています。

今まで、延べ1500名以上の就活・転職活動、キャリアコンサルティングの相談実績があります。

就職活動・転職活動を成功させる方法は、メールセミナーでもお伝えしています。

無料メールセミナーへのご登録は、以下からお願いいたします。

・社会人向け 採用される!つきたい仕事につく!転職活動の方法 10日間メールセミナー

・学生向け 内定がとれる!自分に自信がつく!就職活動の方法 10日間メールセミナー

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【動画教材】希望の仕事への異動を叶える!社内公募 合格への道

  • 転職エージェントで職務経歴書の添削をあまりしてもらえないのは、ある意味仕方ないのです…。

  • 面接の高評価につながる横浜市職員(社会人採用)エントリーシートの書き方(動画教材)

  • アミューズが、アーティストマネージャーやグッズ企画製作などの総合職を中途採用で募集中です!(2021年6月)

関連記事

  • 転職相談にお越し頂いたお客様の転職活動が、良い感じに進んでいます。

  • 就活の履歴書の特技に書く内容で、面接の評価をアップさせる方法

  • 転職活動の面接で、確実に、合格率を上げる方法

  • 既卒で大学職員に応募されるお客様のエントリーシート添削を、東京駅で行います。

  • 営業事務の面接対策で、「志望動機など、話すイメージがつきました!」

  • 中途採用の1次面接対策後、第一志望の会社の1次面接に、合格されました!