1. TOP
  2. 就活・転職活動
  3. 在職中の転職活動は、在職中に活動して、決まってから退職した方がいいですか?

在職中の転職活動は、在職中に活動して、決まってから退職した方がいいですか?

 2015/12/16 就活・転職活動
この記事は約 2 分で読めます。 469 Views

● 在職中の転職活動は、在職中に活動して、決まってから退職した方がいいですか?

こんにちは。山本しのぶです。

在職中に転職をする場合、悩むことが多いのが、

「在職中の転職活動は、在職中に活動して、決まってから退職した方がいいですか?」

という、転職活動をいつから行うか、タイミングの問題ですね。

DSC02366○

在職中の場合は、在職中と退職後の転職活動のメリットとデメリットを考え、あなたにメリットが大きい方で、集中して活動すると、早く内定がでます。

今回は、40代で在職中に転職活動を行い、スムーズに内定が出たお客様のご感想を、ご紹介します。

おととい面接に行った企業で仕事が決まりました。

今の職場にいるよりもチャレンジすることを選んだほうが自分らしいので、これから転職活動を続けて迷うよりもご縁をいただいた職場で仕事をすることを選びました。

山本さんにお会いして、転職活動前のコンサルと書類の添削をしていただいてよかったです。

40代で転職回数が多く、専門のない私は正社員になることを考えていませんでしたが、山本さんにお会いしたのをきっかけにして活動してよかったです!

 

スムーズな内定、おめでとうございます!

今回のお客様は、今の会社に転職して、まだ1年経っていない状態でした。

在職期間が短い状態で、再び転職するのは、ハードルが高いです。

転職相談では、できれば今の仕事を続けながら転職活動する事をアドバイスし、応募書類の添削も行った結果、スピーディーに内定を獲得されました。

次の会社で採用が決まれば、今の会社にも、安心して退職交渉できますね。

在職中の場合は、在職中と退職してからのメリット・デメリットを考えた上で、決めたタイミングで集中して転職活動を行うと、スムーズな内定に繋がります。

在職中の転職活動は、ここから始めると内定が早く出ますよ。

ライター紹介 ライター一覧

山本しのぶ

山本しのぶ

大学生、大学院生の就活サポート(履歴書・エントリーシート添削、面接対策など)と、社会人の転職活動サポート(履歴書・職務経歴書・エントリーシート添削、面接対策など)、キャリア相談(キャリアコンサルティング)、社内公募や社員登用などの社内選考のアドバイスを行っています。

書類選考や面接通過、内定などを目指し、合格率をアップさせる書類の書き方や面接の答え方を、アドバイスしています。

今まで、延べ1500名以上の就活・転職活動、キャリアコンサルティングの相談実績があります。

就職活動・転職活動を成功させる方法は、メールセミナーでもお伝えしています。

無料メールセミナーへのご登録は、以下からお願いいたします。

・社会人向け 採用される!つきたい仕事につく!転職活動の方法 10日間メールセミナー

・学生向け 内定がとれる!自分に自信がつく!就職活動の方法 10日間メールセミナー

この人が書いた記事  記事一覧

  • プライバシーポリシー

  • 社内公募に受かる人の特徴は?

  • 【動画教材】希望の仕事への異動を叶える!社内公募 合格への道

  • 転職エージェントで職務経歴書の添削をあまりしてもらえないのは、ある意味仕方ないのです…。

関連記事

  • 9月のシルバーウィークに、転職活動を一気に進めて、内定に繋げませんか?

  • 転職活動で事務で採用されるための職務経歴書の書き方

  • 転職活動の面接対策を、スカイプ(Skype)で行います。

  • 転職活動の一般事務の志望動機も、応募する企業に合う内容を考えられます。

  • 転職のエントリーシート添削は、ESの作成が途中でも、お願いできますか?

  • 転職活動の面接対策で、「志望動機や職務経歴が全然まとまっていなかったのですが、一本筋の通ったものになりました。」