1. TOP
  2. 就活・転職活動
  3. 就活のエントリーシート(ES)の書き方は、○○から書くと面接官に興味を持って読んでもらえます。

就活のエントリーシート(ES)の書き方は、○○から書くと面接官に興味を持って読んでもらえます。

 2015/05/09 就活・転職活動
この記事は約 2 分で読めます。 808 Views

● 就活のエントリーシート(ES)の書き方は、○○から書くと面接官に興味を持って読んでもらえます。

こんにちは。山本しのぶです。

今日は、就職活動で悩むことが多い、エントリーシート(ES)の書き方についてお伝えします。

DSC02113○

エントリーシート(ES)は、600字や800字など、1つの質問に対して、文章が長いものもあります。

文章のボリュームが多い時に、ダラダラと書くと読みにくい文章になり、面接官にしっかり読んでもらえない可能性が高くなります。

エントリーシート(ES)を書く時は、「結論」から書くのが、最後までしっかり文章を読んでもらうポイントです。

履歴書・エントリーシート(ES)の添削に来られる学生さんも、初めに書かれた文章は、エントリーシートの質問の答えがどこに書いてあるのか、分からない場合があります。

面接官からすると、聞きたい内容の答えが分からないまま読み進めるので、あまりしっかり読んでもらえないのですね。

同じ内容でも、エントリーシートの最初に結論を書いて、その後で理由や根拠を説明すれば、見違えるように読みやすいESが出来上がります。

エントリーシートで面接官が知りたい内容が最初に分かれば、その後の文章も、興味を持って最後まで読んでもらえますよ。

エントリーシートの内容に興味を持ってもらえれば、面接官に「会いたい」と思ってもらえ、面接にも呼ばれますね。

あなたも会いたいと思われるエントリーシートで、書類選考に合格しませんか?

関連記事

  • 大学職員への転職で、評価がアップする志望動機や自己PRの書き方

  • 転職、就活相談、平日の日中も再開します。

  • 職務経歴書添削で、人事の方からほめられる書類で、書類選考に通過しました!

  • ABC-MARTの販売スタッフを、中途採用で、正社員で募集中です!

  • 三菱東京UFJ銀行が、システム企画・開発 【Web・オープン系/汎用系/基盤系など】を中途採用で募集中です!

  • 転職活動で、面接官の反応が変わる、質問の答え方