1. TOP
  2. 就活・転職活動
  3. 転職活動で、応募する求人を選ぶ時に、注意するポイントは?

転職活動で、応募する求人を選ぶ時に、注意するポイントは?

就活・転職活動
この記事は約 3 分で読めます。 750 Views

● 転職活動で、応募する求人を選ぶ時に、注意するポイントは?

こんにちは。山本しのぶです。

あなたも、応募する求人の選び方で、書類通過率が、変わります。

転職活動では、転職サイトから、直接応募で、求人に応募する場合がありますね。転職サイトには、多くの求人があります。どの求人に応募するか、迷う場合もあります。

求人の選び方に気を付ければ、書類選考の合格率は上がります。

あなたも、希望の仕事で、面接に進みやすくなりますよ。

DSC02372◎

転職活動の書類選考は、履歴書・職務経歴書・エントリーシートなどで行われます。

WEBで書類選考を行う場合も、どのような項目を書くか、転職サイトや応募企業によって、ボリュームが違います。

転職活動の求人選びで注意するポイントは、

応募時に、「書く項目が少ないこと」を基準に、応募先を選ばない

ことです。

興味がある企業が、たまたま簡単に応募できる場合は、OKです。

転職サイトでは、名前や職歴など、簡単な情報だけで、応募できる求人があります。

反対に、自己PRや志望動機を書くなど、応募にひと手間かかる企業も、ありますね。

応募に時間がかかりそうと思うと、簡単に応募できる求人の応募を、優先しがちです。でも、ここが、落とし穴なのですね。

あなたが簡単に応募できる = 他の人も簡単に応募できる です。

簡単に応募できる求人は、他の求人より、応募が多く集まります。

結果的に、書類選考の倍率が高くなります。選考のハードルが高くなり、面接に進むのが、難しくなりますよ。

応募時に、自己PRや志望動機を考えるのは、手間がかかります。

でも、その分、他の応募者と、内容で差別化できます。簡単に応募できる求人より、応募者も、絞られる可能性も、ありますね。

転職活動は、目先の利益やラクさに、とらわれると、危険です。

最初にひと手間かければ、結果的に、内定に近い事もあります。

あなたも、正しく転職活動すれば、早く内定がもらえますよ。

転職活動で、早く内定をもらう方法は、こちらでお伝えしています。

関連記事

  • 公益財団法人ブルーシー・アンド・グリーンランド財団(B&G財団)が、総合職(企画、運営、総務)を募集中です。

  • 転職活動の職務経歴書で、プロジェクト経験が多い場合の見やすい書き方

  • 総務人事など、管理事務の転職で、書類選考に合格されました!

  • 転職活動の電話相談で、「漠然としていたものが明確にできただけではなく、自身がまだ気付けていなかった魅力を知ることができました。」

  • 職務経歴書と志望動機の添削で、「応募した企業から、すぐに面接の案内がありました。」

  • 電話での転職活動の履歴書・職務経歴書の添削にお申込み頂きました。