1. TOP
  2. 履歴書・職務経歴書の添削で、「書く内容を引き出すところまで手伝って頂き、本当に助かりました!!」

履歴書・職務経歴書の添削で、「書く内容を引き出すところまで手伝って頂き、本当に助かりました!!」

2015/06/23 就活・転職活動
この記事は約 2 分で読めます。

● 履歴書・職務経歴書の添削で、「書く内容を引き出すところまで手伝って頂き、本当に助かりました!!」

こんにちは。山本しのぶです。

事務職での転職を希望して、履歴書・職務経歴書の添削にお越し頂いたお客様から、ご感想を頂きましたのでご紹介します。

DSC02115○

履歴書・職務経歴書の添削にお越し頂いた時は、職務経歴書に何を書けばよいか分からず、書く内容に悩んでいらっしゃったお客様。

履歴書・職務経歴書の書き方が分かり、アピールする実績が見つかれば、応募書類は書けるようになりますよ。

昨日は有意義な職務経歴書の訂正、本当にありがとうございました!!

何を書いたらよいのやらという状況だったのを、書く内容を引き出すところまで手伝って頂き、本当に助かりました!!

あの後、一生懸命書きなおしをして、あともう一歩のところまで出来てきました。
頑張って夕方までに書きあげようと思います。(^^♪

書類選考に無事通過することができたら、ぜひ!面接のアドバイスもお願いしたいと思っております。

 

今回のお客様は、履歴書・職務経歴書の添削で、書き方をお伝えしながら、これまでの経験でアピールできる部分を引き出し、内容のアドバイスを行いました。

履歴書・職務経歴書の添削でお伝えした内容をもとに書類を修正され、具体的な実績がアピールできる、ステキな書類が完成しました。

完成した履歴書・職務経歴書をスカウトサイトにアップされた結果、企業の方が興味を持って下さり、面接に進まれましたよ。^^

履歴書や職務経歴書は、仕事内容をただ書けばよい、というものではありません。

あなたのこれまでの経験を、応募する企業が求めている人材を意識して見せれば、書類選考の合格率が上がります。

あなたも応募書類の見せ方を変えて、書類選考の合格率を上げませんか?

\ SNSでシェアしよう! /

東京の就職・転職相談所 採用される!応募書類の添削と面接対策の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

東京の就職・転職相談所 採用される!応募書類の添削と面接対策の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

山本しのぶ

山本しのぶ

大学生、大学院生の就活サポート(履歴書・エントリーシート添削、面接対策など)と、社会人の転職活動サポート(履歴書・職務経歴書・エントリーシート添削、面接対策など)、キャリア相談(キャリアコンサルティング)、社内公募や社員登用などの社内選考のアドバイスなどを行っています。

書類選考や面接通過、内定などを目指し、合格率をアップさせる書類の書き方や面接の答え方を、アドバイスしています。

今まで、延べ1500名以上の就活・転職活動、キャリアコンサルティングの相談実績があります。

就職活動・転職活動を成功させる方法は、メールセミナーでもお伝えしています。

無料メールセミナーへのご登録は、以下からお願いいたします。

・社会人向け 採用される!つきたい仕事につく!転職活動の方法 10日間メールセミナー

・学生向け 内定がとれる!自分に自信がつく!就職活動の方法 10日間メールセミナー

この人が書いた記事

  • 社員登用試験(正社員登用、契約社員登用)の合格につながる、メールサポートサービス

  • 転職エージェントを集めてみました。(転職活動をはじめる時など、参考にしてくださいね。)

  • 求人サイト(転職サイト)を、集めてみました。

  • キャリア相談で、日頃、言葉にできない悩みも、解決の道しるべがだんだんと見えてきました。(30代女性のお客さま)

関連記事

  • NO IMAGE

    ロクシタンが、ショップスタッフ(店長候補)を募集中です。

  • NO IMAGE

    雪印メグミルクが人事労務や経理財務など、管理部門スタッフを募集中です!

  • NO IMAGE

    大学院生の就活で、国家公務員試験の合格通知を受け取ることが出来ました!!

  • NO IMAGE

    電話相談で、履歴書・職務経歴書の添削を行います。

  • NO IMAGE

    転職活動で、応募する求人を選ぶ時に、注意するポイントは?

  • NO IMAGE

    履歴書・職務経歴書の添削で、「スッキリとわかりやすいレジュメが作れそうだな、と思いました。」