1. TOP
  2. 就活・転職活動
  3. 転職エージェント経由の応募より、直接応募で転職活動した方が良い場合とは?

転職エージェント経由の応募より、直接応募で転職活動した方が良い場合とは?

就活・転職活動
この記事は約 2 分で読めます。 123 Views

● 転職エージェント経由の応募より、直接応募で転職活動した方が良い場合とは?

こんにちは。山本しのぶです。

あなたも、自分に合う方法で転職活動すれば、早く内定が出ます。

転職活動は、転職エージェント経由で求人に応募する場合や、転職サイトやハローワークから、直接応募する場合がありますね。

自分に合う方法は、年齢や経験、希望職種などで、変わります。

転職活動の特徴を知り、合う方法を選べば、内定が出やすいです。

あなたも、希望の仕事で、スムーズに内定がもらえますよ。

DSC02372◎

今回は、転職エージェント経由ではなく、転職サイトやハローワークの求人など、直接応募の転職活動が合う場合を、お伝えします。

直接応募の方が、内定が出やすいのは、未経験の職種に応募する場合や、経験が少ない仕事に、応募する場合です。

中途採用は、基本的には、即戦力を求められる採用です。

このポジションの人が欲しいけれど、直接応募だけでは、求める経験がある人物を、集められない。

そんな場合に、転職エージェントからの紹介が、有効なのですね。

欲しい経験を持っている人を、効率的に集めたいから、お金を払ってでも、有料で人材紹介会社から、人材を紹介してもらうのです。

未経験の職種や、経験が短い職種に応募する場合に、お金を払ってまで、採用したいと思ってもらうのは、ハードルが高くなります。

その場合は、転職サイトや企業のホームページで求人を探し、直接応募で熱意をアピールした方が、合格率は上がりますよ。

あなたも、自分に合う方法で活動すれば、早く内定がもらえます。

ライター紹介 ライター一覧

山本しのぶ

山本しのぶ

大学生、大学院生の就活サポート(履歴書・エントリーシート添削、面接対策など)と、社会人の転職活動サポート(履歴書・職務経歴書・エントリーシート添削、面接対策など)、キャリア相談(キャリアコンサルティング)、社内公募や社員登用などの社内選考のアドバイスなどを行っています。

書類選考や面接通過、内定などを目指し、合格率をアップさせる書類の書き方や面接の答え方を、アドバイスしています。

今まで、延べ1500名以上の就活・転職活動、キャリアコンサルティングの相談実績があります。

就職活動・転職活動を成功させる方法は、メールセミナーでもお伝えしています。

無料メールセミナーへのご登録は、以下からお願いいたします。

・社会人向け 採用される!つきたい仕事につく!転職活動の方法 10日間メールセミナー

・学生向け 内定がとれる!自分に自信がつく!就職活動の方法 10日間メールセミナー

この人が書いた記事  記事一覧

  • 社員登用試験(正社員登用、契約社員登用)の合格につながる、メールサポートサービス

  • 転職エージェントを集めてみました。(転職活動をはじめる時など、参考にしてくださいね。)

  • 求人サイト(転職サイト)を、集めてみました。

  • キャリア相談で、日頃、言葉にできない悩みも、解決の道しるべがだんだんと見えてきました。(30代女性のお客さま)

関連記事

  • 転職相談で、「一人では気づかない部分を教えて貰えるという処に惹かれて、申し込みました。」

  • 編集者で転職を希望し、対面の履歴書・職務経歴書の添削にお越し頂きました。

  • 事務職の転職に、内定する方法

  • 転職活動で前職と同じ業界や仕事に応募する場合に、面接で退職理由や転職理由を上手く伝える方法

  • 銀座のフレンチのお店「銀座エスコフィエ」で、ランチ会でした。

  • 営業事務の面接対策で、「志望動機など、話すイメージがつきました!」