1. TOP
  2. 就活・転職活動
  3. 転職エージェント経由の応募より、直接応募で転職活動した方が良い場合とは?

転職エージェント経由の応募より、直接応募で転職活動した方が良い場合とは?

就活・転職活動
この記事は約 2 分で読めます。 963 Views

● 転職エージェント経由の応募より、直接応募で転職活動した方が良い場合とは?

こんにちは。山本しのぶです。

あなたも、自分に合う方法で転職活動すれば、早く内定が出ます。

転職活動は、転職エージェント経由で求人に応募する場合や、転職サイトやハローワークから、直接応募する場合がありますね。

自分に合う方法は、年齢や経験、希望職種などで、変わります。

転職活動の特徴を知り、合う方法を選べば、内定が出やすいです。

あなたも、希望の仕事で、スムーズに内定がもらえますよ。

DSC02372◎

今回は、転職エージェント経由ではなく、転職サイトやハローワークの求人など、直接応募の転職活動が合う場合を、お伝えします。

直接応募の方が、内定が出やすいのは、未経験の職種に応募する場合や、経験が少ない仕事に、応募する場合です。

中途採用は、基本的には、即戦力を求められる採用です。

このポジションの人が欲しいけれど、直接応募だけでは、求める経験がある人物を、集められない。

そんな場合に、転職エージェントからの紹介が、有効なのですね。

欲しい経験を持っている人を、効率的に集めたいから、お金を払ってでも、有料で人材紹介会社から、人材を紹介してもらうのです。

未経験の職種や、経験が短い職種に応募する場合に、お金を払ってまで、採用したいと思ってもらうのは、ハードルが高くなります。

その場合は、転職サイトや企業のホームページで求人を探し、直接応募で熱意をアピールした方が、合格率は上がりますよ。

あなたも、自分に合う方法で活動すれば、早く内定がもらえます。

関連記事

  • 面接対策で、「志望動機、自己PRも、受ける企業に合わせてアドバイスいただき、大変ありがたかったです。」

  • 転職活動の最終面接の面接対策を行いました。

  • 転職相談にお越し頂いたお客様に、転職活動マンツーマンサポート3ヶ月コースにお申込み頂きました。

  • 品川で、セルフキャリアドック制度のキャリアコンサルティングを行います。

  • 営業職に内定する、面接対策の方法

  • 転職活動で、これまでの仕事の棚卸しは、どうやって行えば良いですか?